フローリング張替えの際に注意するべき事項

綺麗なフローリングにしよう

どちらの工法が良いのか

フローリングを張替える時は、2種類の方法があります。
それぞれによって工事期間や、費用が変化するので事前に調べておきましょう。
張替え工法という方法は、現在のフローリングを全て剥がして新しいフローリングに張替える方法になります。
もう1つが重ね貼り工法で、こちらは現在のフローリングを剥がすことはしません。
既存のフローリングが残っている状態で、その上から新しいフローリングを重ねて張る工法のことを言います。

フローリングは、15年から20年ぐらいで寿命を迎えます。
その頃になったら、張替えた方が良いのか業者に相談しましょう。
また歩くと軋む、床なりが発生する、シロアリ被害があるなどの被害が起こっている場合は、すぐにフローリングを張替えてください。
自分で張替えが必要なのか判断するのは難しいので、気軽に業者に相談しましょう。
専門家からチェックを受ければ、まだ大丈夫なのかそれとも張替えが必要なのか見極めてくれます。

この時は、10万円から20万円ぐらいが相場になります。
見積もりを聞いて、そのぐらいの価格を提示してくれた業者に相談しましょう。
中には相場より遥かに安い価格を提示する業者が見られますが、後で追加料金を請求する可能性があるので気を付けてください。
また新しくするフローリング素材は、傷が付きにくいものを選択するのがおすすめです。
他にも汚れが付きにくい素材などがあるので、特徴を調べてから自宅に合うものを選びましょう。

張替えの際の方法とは

まず、フローリングを張替える方法を選択してください。 一般的に2種類あり、それぞれの方法でメリットやデメリットが変わります。 特徴を把握することで、自分に向いている工法を選択できるでしょう。 張替え工法と重ね張り工法という名前なので、詳しく調べてください。

寿命を事前に知っておこう

フローリングには、寿命があります。 見た目は綺麗なフローリングでも寿命が近づいていると、内部が損傷している可能性が高いです。 そのまま放置すると危険なので、早めに張替え工事を行ってください。 また、フローリングが古くなっている時のサインに気づくことも大切です。

安心して任せられる業者

相場よりも、高額な費用を請求する業者は信頼できません。 事前に見積もりを聞き、結果を踏まえて本当に依頼するのか決めましょう。 ですが安すぎる業者に任せるのも不安なので、相場ぐらいであることを条件に業者を決めると良いですね。 そのような業者なら安心できます。