フローリング張替えの際に注意するべき事項

綺麗なフローリングにしよう

寿命を事前に知っておこう

このコラムをシェアする

汚れが取れなくなってきた頃

どんなに丁寧に扱っていても、フローリングは劣化して行きます。
15年から20年ぐらいが寿命だと考えて、フローリングを張替える時期だと思ってください。
また汚れが目立っていたら、張替え時期だと考えても良いですね。
長年の汚れがこびりついていると、雑巾で拭いても落とせません。
綺麗にするためには、フローリングを新しくする方法が手っ取り早くおすすめです。

経験が豊富な業者に任せると、すばやく工事を終わらせてもらえます。
良さそうな業者を見つけたら、どのくらいの年数経営しているのか調べましょう。
さらに、多くの人から依頼されていることも考慮して決めてください。
依頼件数が多い業者は実力を持っているので、ミスが起こることはありません。

チェックする際の項目

15年から20年が経過していなくても、フローリングは劣化することがあります。
劣化していることに気づいたら、その時点で工事を依頼しましょう。
フローリングはサインを発しているので、それに気づいて業者に連絡してください。
まず歩く時に軋んだり、床なりが発生したりする場合は劣化していると判断できます。
さらに水廻りのフローリングがへこんでいる時も、張替え時期だと思いましょう。

そのようにいくつかのサインがあるので、注意していればすぐ気づけます。
しかし、自分の判断が正しいのか不安な人がいるでしょう。
その場合は、とりあえず業者に連絡してください。
相談するとスタッフが自宅に来て、フローリングの状態を詳しく調べてくれます。